スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

暇だから軍事系の教えろください

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/03(金) 22:56:51.15 ID:i8wqgtlM0

頼むぉ




3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/03(金) 22:59:38.75 ID:j/kph4K30

海上自衛隊には艦隊勤務手当というのがある
乗ってる艦の種類に応じて手当が支給されるというもので
一番高いのは勿論旗艦のイージス艦

……と思いきや、潜水艦(基本給の45%)だったりする




113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/04(土) 03:16:43.25 ID:R/WCB0X/0

>>3
亀だけど、艦隊勤務手当じゃなくて乗組手当な




9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/03(金) 23:07:58.30 ID:hEtXrHNr0

前大戦時、日本と欧米ではレーダー技術に大きな開きがあった
当時イギリスはドイツの潜水艦を探知するために駆逐艦に水上レーダーを備えていた
ドイツはこれに対抗し、相手のレーダー波を逆探知する装置をつけて位置関係を把握し潜水して逃げるという方法を取った
日本はまともな逆探知装置がなく、大戦中後期にとりあえずで配られた、
方位も距離も分からずレーダー照射されてるか否かのみが分かる程度の装置を絶賛する始末だった




11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/03(金) 23:09:35.45 ID:j/kph4K30

当時の日本の電子技術は
飛行機に無線を積んでみたもののノイズだらけで使い物にならず
「こんなもん降ろした方が軽くなる」と言うパイロットまでいたレベル
その後クリアに通話できて完璧な連携のとれた米軍機に圧倒された模様




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/03(金) 23:20:21.56 ID:j/kph4K30

真珠湾攻撃が成功した後、ラジオでそのことを発表しようとしたものの、直前まで放送内容は知らされなかった
ただ軍から放送局に「重大発表があるから威勢のいい曲をかけておくように」とだけ指示があり
放送局の人が「よし、それならコレだ!」と選択した曲は

  星 条 旗 よ 永 遠 な れ




17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/03(金) 23:27:21.67 ID:sNi7FfxJ0

>>15
面白い




19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/03(金) 23:31:24.74 ID:namFAtWK0

戦略爆撃機って爆弾バラバラ落とすじゃん
あれって先に落ちた爆弾の爆発の衝撃でこれから着弾しそうな爆弾が誘爆したりしないの?




21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/03(金) 23:33:44.31 ID:hEtXrHNr0

>>19
風や勢いの関係で爆弾の間の距離はかなり広くなるし、
爆弾の殻の中を突き抜け火薬へと誘爆するほどの衝撃が伝わらない




23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/03(金) 23:35:27.22 ID:MvYbbiV20

>>19 爆弾の同士打ちはある。

だが、前の爆発の衝撃波と爆風の中においては全く問題にならない。




27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/03(金) 23:39:46.44 ID:eyHjHRqx0

内線電話簿に載ってない部署が山程ある。
そこの人に用がある時は、電話は総務課か庶務にして取り付いでもらう。

カレーが1番美味いのは艦艇




49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/04(土) 00:00:43.69 ID:YASAtmTz0

戦前、日本軍は4発爆撃機を作るためのノウハウを学ぼうとアメリカから傑作輸送機を輸入しようとした
ところが、事前に察知していた米軍の手によって同名のポンコツ輸送機が送り込まれてしまう
疑うことを知らない日本軍は素直にその機体をベースに軍用機を設計、結果ポンコツ爆撃機が生まれることとなった




52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/04(土) 00:03:44.97 ID:MMiDB3LQ0

旧日本軍の小銃についていた菊の御紋は西南戦争のときに兵士がビビって銃を放棄して逃げるもんだから
開発者の村田によってつけられるという苦肉の策だった




59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/04(土) 00:15:54.88 ID:BN224im70

旧軍の内務班の使役に将校集会所の勤務がある
この集会所勤務の兵隊は伝票を余分に切ったり将校が酔って来たら水増しするなどして酒を差繰った
そうして掠めた酒は当番長の寝台の床下に倉庫として溜めておき、当番兵同士で晩酌したり次の当番長へと代々”申し送り”していた
また将校が兵隊はどのような食事を食べているのか調べる為兵隊食を試食する際には故意に肉や魚を少なめに盛って
「肉や魚が少ないそうだが、兵の食事はこれが普通なのか」「はい、そうであります」とホラを吹き、後の兵食の肉や魚の量を増やしたという




62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/04(土) 00:22:14.28 ID:MMiDB3LQ0

イタリアってバカにされがちだけど実際、北部の連中はドイツのベルリン陥落までドイツ軍と共に北部戦線を戦い抜いてるっていうね




82:●大義私 ◆aWfrM7UWWY :2013/05/04(土) 00:49:39.21 ID:028OoIUN0

>>62
イタリアは南と北で気性や食文化を含めて風土がまったく異なるからな
だから、今のイタリアでは南北問題がある、一次産業中心の南を工業化の進んだ北が助けるという図式に北の人は不満があるのだ




77:●大義私 ◆aWfrM7UWWY :2013/05/04(土) 00:38:35.91 ID:028OoIUN0

冷蔵設備の整っていない時代、艦内でとる食事のために家畜を艦内で飼うことがあった
日本海軍でも艦内で豚を飼育していたのだが、その豚が子を産んだ
当然、その仔豚も食う予定だったが、ある日、その仔豚が海に落ちてしまった
しかし、動物はすごい、一キロ先から必死で泳いで帰ってきたのだった
必死で艦に追いついた仔豚を兵士が拾い上げたとき、「あの豚は、もう食えない」と皆思い
そして乗員たちが急に、飼っている豚に愛情を抱いたがために、他の豚も調理されずに帰国したとか
確か、軍艦長門の生涯って本に書かれていたのかな
今でこそ、連合艦隊の象徴は戦艦大和だが、当時、大和は極秘兵器扱いで、国民にとっての連合艦隊の象徴は長門だった
長門と陸奥、コロラド、ウェストバージニア、メリーランド、ネルソン、ロドニーは戦前において最強の戦艦「ビッグセブン」の称号を持った
大和の46サンチ砲登場までは、ビッグセブン達、16インチ砲を積んだ戦艦が世界最強の抑止力だった(今でいう核兵器的存在)
また、一方で連合艦隊のアイドル的存在だったのが、給糧艦「間宮」 海軍界の豪華客船的存在だった
なぜなら、艦内には軍艦乗りを休ませるスペースが随所にあり、米国艦では標準装備のアイスクリーム製造器も間宮にはあった
他にも、艦内には菓子屋、豆腐屋、肉屋などの職人が乗っていて、羊羹や豆腐、うどんの製造室や床屋もあったのだ




86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/04(土) 01:01:05.42 ID:fcCBWp7/O

第二次大戦中、局地防衛戦でサブマシンガン担いでスコア200以上を叩き出したスナイパーが居る。尚、狙撃のスコアでギネスを持ってる模様




90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/04(土) 01:03:53.50 ID:HVe9zA2u0

>>86 シモ・ヘイへか。

カルロス・ハスコック軍曹も凄いな。




97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/04(土) 01:22:48.85 ID:fcCBWp7/O

>>90
イエス。

間違いなく最強の現代人だな。


そういえば、ヘイへやルーデルや船坂並の化物って他にいないの?




98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/04(土) 01:33:08.34 ID:HVe9zA2u0

>>97
最近は兵器の進歩と戦争の変化によって「英雄」が生まれにくくなった。

現代戦でエースパイロットは誰ですか?と聞かれても
「カニンガム/ドリスコル組」とかしか出てこない。
ベトナム戦争、F-4のエースパイロット。




87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/04(土) 01:01:40.56 ID:XF0+DjRZ0

昔イタリアで、潜水艦がスコープ?望遠鏡?を出したらボートでそこまで行って叩くという戦法があった




88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/04(土) 01:02:35.90 ID:LTWmCQL50

>>87
イギリスじゃなかったっけ




89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/04(土) 01:03:09.54 ID:jgjSaEMi0

海自の潜水艦の潜望鏡はニコン製




92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/04(土) 01:04:58.67 ID:Z/EDG7O90

>>89
そのニコン様は大戦中、かの戦艦大和の測量器を造っていたという




101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/04(土) 01:47:04.54 ID:3Sg7zIls0

そういや兄貴が潜水艦乗りだけど金持ってるわ
でも自衛官って幹部候補以外は最初から永久就職ってわけではないんだよね




104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/04(土) 02:22:41.11 ID:HVe9zA2u0

>>101 士は任期制だな。
陸士が1年9か月(技術は2年9か月)で一任期
海・空は2年9か月で一任期。

一任期満了すると特例退職手当として陸自が54万円、海自と空自が89万円支給される。




105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/04(土) 02:26:07.61 ID:3Sg7zIls0

>>104
階級上がらないと駄目なんだっけ?
永久就職は曹に上がってからって聞いて自衛官になるの考え直したわ




112:●大義私 ◆aWfrM7UWWY :2013/05/04(土) 03:13:54.72 ID:028OoIUN0

アメリカのイージス巡洋艦が、OSに使われているアプリが原因でOSがフリーズし、航行停止し漂流状態に陥ったことがある




126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/04(土) 04:11:10.19 ID:R/WCB0X/0

空母最大のメリットは、遠く離れた場所にも
迅速に、効率よく、大量の戦力を投射できるってものだからなぁ

日本が保有したところで宝の持ち腐れになりそう
今のDDHを発展させて対潜哨戒メインの運用ってのが一番効率的だろうな




127:●大義私 ◆aWfrM7UWWY :2013/05/04(土) 04:17:11.90 ID:028OoIUN0

>>126
逆に言えば、改憲で国外でも自衛隊の活動が許されるようになれば、
日本に侵入し情報を集め国外逃げた原潜を、大量の対潜(艦)ヘリを積んだDDHが母国に戻るところまで追跡もしくは攻撃ができるんだよな
ぶっちゃけた話、どうせ原潜を攻撃するなら、国内ではやりにくいもんな やるなら日本から離れたところでないとな




140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/04(土) 05:08:30.33 ID:NdaVtRgc0

パパブッシュは元空軍エース









●最新記事


[ 2013/05/04 12:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)




22341 2013年05月08日13:07

ネトウヨがこのスレ見たら 全力で、大日本帝国の軍隊は素晴らしかった弱かったのはデマとか否定するか発狂しそうだなwww 

22700 2013年08月31日01:57

弱かったんじゃなくて、陸軍は育ち方間違えた。海軍は基礎工業力の絶望的な不足を常備将兵の神がかった練度で補った。

大戦中、まともに空母を運用した国は日米英のみだが、それぞれ運用が全くことなっていた。
英国はまともな艦載機を作れず、植民地時代以来の超長距離航続能力をつけたせいで艦載機の数も揃えられず、エアカバー特化の護衛空母。
英国よりマシだがドーントレスだのデバステーターだの中途半端な艦載機を作ったアメリカは割り切って空母を長距離索敵艦にした。戦争前半の米空母が一隻ずつ戦隊組んでたのもそのため。
日本は空母の集中と攻撃兵器としての運用が出来た分、現代の運用のモデルとなったが、空母が殴りあえばあっという間に艦載機は消耗するという事実を認識できずベテラン壊滅、浮かぶ棺桶になったとか。


コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://torinikui.blog112.fc2.com/tb.php/1201-281050e2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。